自動車保険選びで失敗しないための3つの基本ステップ

いざ事故が起きてしまった時に、「加入している自動車保険会社で十分な事故対応をしてくれなかった」という事を防ぐために、失敗しない自動車保険の選び方を確認しておきましょう。

自動車保険を選ぶ際には、下記の3つのステップが基本です。事故対応内容が充実していて、保険料も比較的安い会社を選ぶためにも、自動車保険会社各社の補償内容は見積もりを取ってしっかりと比較するようにしましょう。

STEP1.自動車保険会社各社の基本的な事故対応内容を把握しておく

まず初めに、自動車保険会社それぞれの事故対応について確認しておきましょう。特に自動車保険にあまり詳しくない方であれば、万が一事故が起きた時にどこまで補償してくれるのか、細かい点まで一度確認しておいた方が良いです。

例えば「事故当日対応」と言っても、自動車保険会社によっては事故の受付時間が当日19時を過ぎると、実際の対応は翌日以降だったりします。また、対応してくれる担当者が事故解決まで同じ人が担当してくれる場合と、問い合わせする度に担当者が違う場合もあります。

自動車保険会社によって、実際どこまで事故対応してくれるのかは違います。当サイトでは、事故対応の項目ごとに自動車保険各社の事故対応内容を比較して一覧表にまとめていますので、ページの右にあるメニューから確認してみてください。

STEP2.自動車保険会社各社から見積もりを取って補償内容を比較する

自動車保険会社各社の事故対応内容をある程度把握したら、実際に各社から一括見積もりを取って補償内容を比較しましょう。この時に気をつけなけらばならないのは、決して保険料の安さだけで選んではならないということです。

というのは、実際に見積もりを取ってみると、自動車保険会社によって車両保険の金額が違っていたり、人身傷害補償保険の補償範囲が違っていたりすることがあります。一見保険料が安いように見えても、見積もり内容を比較してみると実は補償範囲が他社より狭い場合があります。必ず実際の事故対応をどこまでしてくれるのかを十分にチェックしましょう。

自動車保険会社から見積もりを取る際には、当サイトでは『ズバット自動車保険比較』という無料一括見積もりサービスをおすすめしています。

STEP3.補償内容で満足できる会社を2~3社にしぼり、保険料が安い会社を選ぶ

自動車保険会社各社の見積もり内容を確認し、自分が希望する事故対応まできちんと補償してくれる会社をしぼります。大体2~3社程度にしぼったら、その中から保険料が安い会社を選びましょう。

また、その際に各社の「特約」について調べておきましょう。「弁護士費用等補償特約」や「事故時代車費用特約」など、自動車保険会社によって用意している特約の種類は大きく違います。いざという時のために、最低限必要な特約は合わせて申し込みしておく方がいいでしょう。


以上が自動車保険選びで失敗しないための基本的なステップです。繰り返しになりますが、各社の見積金額だけで比較せずに、事故対応の補償内容をしっかりと見比べてから選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ