事故受付・事故処理を比較

自動車保険会社ごとの事故受付・事故処理の内容をよく確認しておきましょう。このページでは、事故当日対応・事後現場GPS通知・休日事故面談・事故現場急行について一覧表で比較して紹介します。

自動車保険会社 事故当日対応 事故現場
GPS通知
休日事故面談 事故現場急行
アメリカンホームダイレクト 0~21時までの連絡で当日対応 ×
イーデザイン損保 9~21時までの連絡で当日対応 × ×
三井ダイレクト 19時までの連絡で当日対応
三井住友海上
SBI損保 平日は19時まで、土日祝日は17時までの連絡で当日対応
ソニー損保 0~20時までの連絡で当日対応 ×
東京海上日動 ×
チューリッヒ 0~20時までの連絡で当日対応 ×

事故受付時間

事故が起きて自動車保険会社へ連絡する際の、事故受付時間を確認しておきましょう。現在ではほとんどの自動車保険会社は365日24時間の事故受付ですが、自動車保険の見直し・乗り換えをする際は念のため確認しておきましょう(※上記8社はすべて365日24時間事故受付に対応しています)。

事故当日対応

自動車保険会社は、事故の連絡を受付してから事故処理の対応となります。もちろん事故当日に対応・事故処理をしてもらうのが一番良いのですが、事故の受付時間によっては実際の事故処理は翌日以降となる場合もあります。 事故当日の対応が何時まで可能かどうかは、自動車保険会社によって異なります。

事故現場GPS通知

自宅付近などの土地勘のある場所であれば、事故が起きた際に具体的な場所を電話で連絡することはできますが、あまり知らない土地で事故が起きてしまった場合はそうはいきません。 自動車保険会社によって、携帯電話・スマートフォンのGPS機能で事故現場がわかるサービスを提供しているところもありますので、できればGPS機能を利用できる保険会社を選ぶことが賢明です。

休日事故面談

事故が起きた後は、基本的に自動車保険会社の担当者と面談してその後の事故処理などを相談します。しかし自動車保険会社によっては休日の事故面談に対応していない会社もあります。万が一事故を起こしてしまっても、いつでも面談に応じてもらえるように、休日の事故面談も可能な自動車保険会社を選ぶことをお薦めします。

事故現場急行

事故を起こしてしまった際は、パニック状態になってしまう可能性も十分あります。そんな時に事故担当者が事故現場に駆けつけてくれると心強いものです。ただし、実際のところ担当者が現場に駆け付けたとしても、その担当者ができる事はそう多くはありません。 事故直後には警察へ連絡したり、万が一相手がケガをしている場合は救急車を手配したり、また事故の当事者の間で連絡先を交換したりなどはありますが、それらは事故担当者が到着するまで待つのではなく、当事者がすぐに手配しなければなりません。

また、事故現場の場所や道路の混雑の状況などによっても、必ずしもすぐに担当者が駆けつけてくれるかというと、そうとも言えません。ですので事故現場に直行してもらえるかどうかは、必須項目とまでは言えません。


このページの情報は随時更新しています。最新の情報につきましては、自動車保険会社各社から見積もりを取った際に、念のため事故対応の内容をよくご確認ください。

このページの先頭へ