事故対応のサポート体制を比較

事故対応のサポート体制について内容をよく確認しておきましょう。このページでは、事故対応体制・後日スタッフ訪問・サービスセンター拠点数・提携修理工場数について一覧表で比較して紹介します。

自動車保険会社 事故対応体制 後日スタッフ訪問 サービスセンター
拠点数
提携修理工場数
アメリカンホームダイレクト 1事故1担当者 12(保険金サービスセンター含む) 562
イーデザイン損保 専任担当者&スペシャリストチーム 3
三井ダイレクト 1事故専任担当制 14 約1,100
三井住友海上 1事故1チーム制 282
SBI損保 1事故1チームサポート制 約1,300ヵ所
ソニー損保 1事故1担当者+チームサポート制 〇(自社社員) 25 420
東京海上日動 246
チューリッヒ 1事故1担当者 〇(提携会社社員) 6 350

事故対応体制

事故対応の体制は大きく分けて、「1事故1担当者制」と「1事故1チームサポート制」の2種類に分けられます。1担当者制の場合は、事故解決まで同じ担当者とじっくり話すことができます。 一方チームサポート性の場合は、例えば対人・対物の両方に関わる事故の場合などに、それぞれ専門の担当者にサポートしてもらえるなどのメリットがあります。

示談交渉

対人・対物の賠償事故が起きた場合に、相手方との示談交渉をしてくれるサービスについて確認しておきましょう(※上記8社はすべて示談交渉の代行に対応しています)。

事故後日のスタッフ面談

事故解決に向けて、事故後のスムーズな手配の他に示談交渉や被害者への見舞、保険金請求などやるべき事はたくさんあります。事故後日そういった相談をする際にも訪問してくれる自動車保険会社なら、スムーズに事故解決を進めることができます。

サポート・サービスセンター拠点数

サポートの拠点数はもちろん多いに越したことはありません。またできれば自分の住む地域にサポート拠点がある方が何かと安心です。

提携修理工場数

事故で車を修理する必要がある場合、自動車保険会社が提携している修理工場に修理を依頼するのが基本となります。提携している修理工場が少ない、もしくは自宅の近くにない場合などは、修理後に車を取りに行くのに手間がかかってしまいます。


このページの情報は随時更新しています。最新の情報につきましては、自動車保険会社各社から見積もりを取った際に、念のため事故対応の内容をよくご確認ください。

このページの先頭へ