ロードサービスを比較

ロードサービスについて内容をよく確認しておきましょう。このページでは、まず最初の一覧表でロードサービス拠点数・無料レッカー範囲・修理後搬送費用・修理後車両引取費用について、そしてその次の一覧表で宿泊費用・帰宅費用・目的地到達費用・ガス欠補給サービスについて比較して紹介します。

自動車保険会社 ロードサービス
拠点数
無料レッカー範囲 修理後搬送費用 修理後車両
引き取り費用
アメリカンホームダイレクト 約9,600 50kmまで
イーデザイン損保 約5,000 30kmまで
三井ダイレクト 約3,200 30kmまで 10万円まで補償
※自宅から50km以上の遠方の場合
三井住友海上 約9,650 50kmまで 10万円まで 10万円まで
SBI損保 1事故1チームサポート制 約1,300ヵ所
ソニー損保 約9,000 50kmまで 全額補償
距離制限なし
片道1名分の
交通費全額補償
東京海上日動 10万円分まで 特約で付帯可能 特約で付帯可能
チューリッヒ 約9,500 100kmまで 全額補償
距離制限なし
片道1名分の
交通費全額補償

ロードサービス拠点数

ロードサービスの拠点数は、もちろん多いに越したことはありません。車のトラブルが起きた時に、ロードサービスの拠点が近いほどすぐに対応してもらうことができます。

無料レッカー範囲

車にトラブルが起きた際に、レッカー車で運んでくれる距離は自動車保険会社によって違います。50km程度まで対応してもらえれば、基本的には十分でしょう。

修理後搬送費用・引取費用

修理後の車の搬送費用や引取費用は、自動車保険会社によって大きく違います。全額補償のところもあれば、片道1名分のみ補償などもありますので、しっかり確認しておきましょう。


自動車保険会社 宿泊費用 帰宅費用 目的地到達費用 ガス欠
補給サービス
アメリカンホームダイレクト
(2年目以降10Lまで無料)
イーデザイン損保
(10Lまで無料)
三井ダイレクト 1名につき1万円まで
※自宅から50km以上の遠方の場合
1名につき2万円まで
※自宅から50km以上の遠方の場合

(2年目以降10Lまで無料)
三井住友海上
(10Lまで無料)
SBI損保 1名に月15,000円まで補償 1名に月20,000円まで補償
(10Lまで無料)
ソニー損保 搭乗者全員分
全額補償
搭乗者全員分全額補償
(距離制限なし)

(2年目以降10Lまで無料)
東京海上日動 特約で付帯可能 特約で付帯可能
(特約で付帯可能)
チューリッヒ 搭乗者全員分
全額補償
搭乗者全員分全額補償
(距離制限なし)

(10Lまで無料)

宿泊費用

搭乗者全員分を全額補償してくれる自動車保険会社や、1名につき1万円まで、などという場合もあります。

帰宅費用・目的地到達費用

車のトラブル後に、自宅へ帰宅するまでの交通費を全額保証してくれる場合や、1名につき〇万円まで、という場合もあります。 また、目的地到達費用については補償しないという自動車保険会社もありますのでチェックしておきましょう。

ガス欠補給サービス

多くの場合は10Lまで無料で補給してくれる場合が多いですが、自動車保険を契約して2年目以降に限る場合などの制限付きの場合もあります。


このページの情報は随時更新しています。最新の情報につきましては、自動車保険会社各社から見積もりを取った際に、念のため事故対応の内容をよくご確認ください。

このページの先頭へ